【Webライター】いざやってみたら悩みほぼ写真だった【ショーケースの反射】

兵庫県でご当地ライターをしています。

Webライターは文章だけ書けばいいと思っていました。

いざはじめてみると、文章というより写真が大切だ・・・と気がつき愕然としました。

カメラは持っておらずインスタなどとは無縁でしたから。

子どもの頃から読書は好きでしたので、まあ、なんとかなるかという気持ちで、それまで10年してきた貿易事務の仕事を辞め、Webライターに転身しました。

初めて、母に借りたカメラ片手にスイーツ店に取材に行った日のこと。

ショーケースが反射して中のスイーツが全然キレイに撮れない。

通常営業中です。焦りでじわじわと汗が出てきました。

レンズを近づけてみたり傾けてみたりして、なんとか撮った写真がこれです。

画像1

その時はこれがベストの写真だったのですが、やはり担当者さんから「写真がちょっと残念・・・」と言われました。

私は翌日、カメラを持って同じスイーツ店に行き、撮りなおさせてもらいました。

今度は、お店の人にケーキをショーケースから出してもらい、近くにあった小物を使ってレイアウトしたのです。

画像2

ぐっとよくなった、と思います。

ショーケースは反射します。斜め上から撮影するとか、白っぽい服を避ける、とかの回避方法をあとから知りましたが、とりあえず今回は「ただケースから出してもらった」それだけです。

「こんな写真が撮りたいから、こうしてほしい」、それも必要なんですね。